【アクセス】田沢湖一周線に乗って、たつこ像に会いに行ってきた話【バス】

はじめに

不老不死を願って田沢湖の水を飲んでいた、雷雨に見舞われて挙句の果てに何故か龍になって湖の底に沈んでいったという逸話を持つ金ピカのたつこ像に会いに田沢湖へ行ってきました。

前回乳頭温泉郷を訪れたついでに田沢湖には一応来たのですが、良く調べずに行ったため謎の像をたつこだと勘違いして、白浜だけ見て帰ってきたという馬鹿野郎は私です。

従って今回はリベンジマッチとなります。

ちなみに田沢湖は水深423.4mと日本で最も深い湖だそうです。

田沢湖へのアクセス

たつこ像、〒014-0511 秋田県仙北市西木町西明寺字潟尻

 

バス

田沢湖駅から出ている「乳頭線」や「八幡平線」のバスでは、たつこ像までアクセスできませんので注意。

たつこ像へアクセスするには田沢湖一周線のバスに乗りましょう。

時刻表

・田沢湖遊覧船

・レンタサイクル

・車

でアクセス可能です。

行ってみた

旅の始まりは田沢湖駅から。

今回は田沢湖一周線バスに乗りました。

田沢湖畔一周線チケットは田沢湖駅の観光案内所で事前に購入します。

まずまずの混み具合ですので、早めに並んでおきましょう。

直前に乳頭温泉郷へ行くバスも同じ乗り場から出ますので、乗り間違えないように気をつけて。

バスは右回りに田沢湖を一周しますので、進行方向右側に座るのがベスト。

 

田沢湖駅を出てから、大体30分ほどでたつこ像のある潟尻に到着。

ここでバスは休憩。20分間の散策タイムがあります。

やっと会えました、たつこ像。

キレイな青色の世界と金ピカのたつこ像は絵になります。

ペルシャンブルーだの、コバルトブルーだの色々言われておりますが、想像以上にキレイな青です。

続いて御座の石でも10分間の散策タイムがあります。

こちらは、バスに先立たれないかヒヤヒヤしながらの散策でした。

主要な観光スポットは巡ったので田沢湖駅に戻ります。

トータル1時間半くらいの旅でした。

周辺観光

田沢湖駅前の物産館に行ってきました。

物産館内にあるそば五郎。駅前でおすすめのお食事どころです。

ざるそば。ツルッと滑らかでおいしかったです。

他周辺観光としては

・角館武家屋敷

・乳頭温泉郷

・大曲の花火

がおすすめです。

 

まとめ

グーグル先生の検索候補に「たつこ像 がっかり」とか出ますが、

エメラルドブルーの湖は、一見の価値あり。

たつこ像は美にご利益があるそうですよ。

 

使用機材

 

 


';})();}catch(e){console.error('bc_190afe972032eee80e82e3c9f544b01f.error: '+e.message);}