【ミニマリストキャンパー必見】ソーラーパフLEDランタンを絶対に買うべき理由

2019年5月17日

ソーラーパフ ウォームライトとは

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229221035j:image

紙風船のように膨らませるエアランタンです。

パッと広げるだけで簡単に使えます。

上部に内蔵されたソーラーパネルで充電でき、夜の安全を確保してくれます。

収納時はぺったんこになって重さはわずか75g。

キャンプはもちろん、テント泊登山でも気軽に装備に加えられる超軽量LED ランタンです。

スペック

サイズ:11×11×11cm

重量:75g

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229220937j:image

こんな感じで、ぺったんこに折り畳めます。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229221007j:image

広げるとボックス型になります。

超軽量なので、ウルトラライト装備でも主役を張れるランタンですね。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229221936j:image

上部にバンドが付いているので、テント内で吊るすときに便利。

ソーラー充電で燃料要らず

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229220944j:image

ソーラーパフはその名の通り、太陽光で充電しするので、燃料は一切要りません。エコです。

約8時間でフル充電されて約10時間ほど使えます。

カラビナでザックに吊るして行動すれば、勝手に充電されます。数日間ぶっ通しでキャンプする人におすすめですね。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229220904j:image

ちなみに、満充電の状態で1年後も約半分近く充電残量が残っています。

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229221223j:image

お色はウォームライトが暖色系、クールライトが寒色系と2色展開です。こちらは好みだと思います。

光の調節は3段階(弱・強・点滅)。
明るさは、強/90ルーメン、弱/60ルーメンと十分。
IPX-6の防水タイプで雨の日でも余裕で使えます。
なんでも、本体にヨットのセイル素材を使っている模様。格子状の模様になっているので、程よく光が拡散して、やわらか~い雰囲気になります。

まとめ

f:id:eucalyptus_gunnii:20181229221247j:image

ソーラーパフは、折り畳んでコンパクトに収納できる超軽量LEDランタン。太陽光充電で、長期化のキャンプはもちろん、災害時にも使える頼れるランタンだった。

実はキャンプよりも寝室のライトとして使うことが多いGAGAぬまでした。

以上、皆さんの参考になったらめっちゃうれしいです!

よかったら下のリンクからどうぞ!

さらにコンパクトなミニタイプが発売されました!