【登山】最新スノーピークチタンマグのラインナップとおすすめをご紹介【アウトドア】

2019年5月17日

はじめに

久しぶりに、アウトドアグッズを買い足しました。

スノーピークのチタンシングルマグ300mlです。

昨年ロゴが刷新されてから、一層スタイリッシュになったキャンパー定番のマグカップ。

近年アウトドア製品以外にも積極的に採用され、注目を浴びているチタン製です。

チタンは、その金属強度から薄く軽く仕上げることが出来るため、アウトドア製品と相性抜群。

さらには、優れた耐腐食性と抗菌作用、金属臭がしない等々非常に優秀。

見た目も非常に美しく、見るたびにキレイだなーとうっとりします。

そんな魅力たっぷりのスノピマグを詳しく紹介してきたいと思います!

おすすめのサイズは? 300ml vs 450ml

チタンシングルマグは220ml、300ml、450mlがラインナップされています。

私は普段珈琲一杯分でしか使わないため、容量は300mlで十分でした。

スープを飲んだり、クッカーとして使ったりと、幅広く使いたいのであれば450mlの方がおすすめです。

実際、これひとつで調理までこなすウルトラライト思考の方々には、450mlが大人気。

220mlのサイズは子供向け。

300mlと450mlで非常に悩まれるかと思いますが、どちらを買っても嵩張るものでは無いですし、450mlに300mlをスタッキングして使うことも出来るので、決められない人は両方買っちゃいましょう(笑

ステンレス製、ダブルウォール、スタッキングマグとの違いは?

前述したスノーピークチタンシングルマグ以外にも、素材の異なるマグカップがラインナップされています。
中でも注目は、最近発売されたステンレス真空マグ
空気を挟んだ二重構造のダブルウォールは保温保冷力に優れています。デザインが刷新されスタイリッシュな見た目になっただけでなく、ステンレスダブルウォールでも110gと軽量。
正直かなり魅力的な商品です。
ダブルウォールなので直火NGですが、家使いメインなら間違いなくコレでしょう。
シングルウォールのステンレス製も発売されていますが、こちらはおそらく現在の在庫が切れたらラインナップから消される気配がします。

 

続いて、スタッキングマグ雪峰は取っ手のないシンプルなデザイン。
チタン製のダブルウォール構造なので性能は折り紙付き。
これで日本酒飲んだら美味しいでしょうね。

他社のチタンマグとの比較と蓋

他にはEPIガスのチタンマグも持っていますが、スノピマグの方がデザインが気に入っているので使用頻度が高いです。

私は、淹れたらすぐに飲む派、冷めたら直火で温め直す派なので、とにかく軽いことがベスト。

蓋は嵩張るのであまり使いませんが、直接火にかけるのであれば沸騰時間を短縮出来る蓋は便利です。

一応スノピでも蓋は別売りで販売されていますが、こちらは直火NG。

450mlのスノピマグは、TOAKSチタンマグの蓋がジャストフィットしますので、スノピマグで直火を使いたい方はこちらを使いましょう。

 

まとめ

一家に一台、スノピマグ。

持ってないキャンパーは今すぐ買いましょう!