SONY SEL50F14Z Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

SEK50F14Z 箱

コレは何?

αEマウント、CarlZeissの大口径標準レンズ。

好きなところは?

・質感と色の表現がずば抜けてる

・開放付近の柔らかい描写

・ちょっと絞ると周辺もグッとシャープになる

・ボケと解像度の両立

・Zeissのコントラスト

・もう全部好き

好きじゃないところは?

・ちょっとデカイ

・今となっては時代遅れ感が否めないAF駆動

主な仕様

レンズ仕様
名称 Planar T* FE 50 mm F1.4 ZA
型名 SEL50F14Z
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 50
焦点距離イメージ(mm) *1 75
レンズ構成 (群-枚) 9-12
画角 (APS-C) *1 32°
画角 (35mm判) 47゚
開放絞り (F値) 1.4
最小絞り (F値) 16
絞り羽根 (枚) 11
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.45
最大撮影倍率 (倍) 0.15
フィルター径 (mm) 72
手ブレ補正 – (ボディ側対応)
テレコンバーター (1.4x) 非対応
テレコンバーター (2.0x) 非対応
フードタイプ 花形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 83.5 x 108
質量 約 (g) 778
付属品
フード (型名) ALC-SH143
レンズフロントキャップ ◯ALC-F72S
レンズリヤキャップ ◯ALC-R1EM
ケース ソフトケース
その他付属品

光学構造は、非球面およびAA要素、ED(超低分散)要素、およびCarl Zeiss T *反射防止レンズコーティングを含む12個のレンズ構成。

ねこ
ねこ
DxOmarkのテストでは全ての焦点距離50mmのレンズの中で最高性能の光学系と評価されています

機能性

超音波モーターSSMを採用。最新のリニアモーターに比べるとAF速度は若干劣り、時代遅れ感が否めません。

とはいっても、動体撮影で困ったことは一度も無く、精度も良好なので許容範囲内ですが。

操作性

先ず感じたのはフォーカスリングが広く扱いやすいこと。

絞りリングは素早く直感的にF値を調整可能です。

他にも動画撮影用に絞りクリック解除オプションが付いているので、絞り調節の際クリック感のON/OFFを切り替えられます。

フォーカスフォールドボタンは残念ながら付いていません。(とか書いてますが、実際自分は使うことが少ないです…)

携帯性

SEL55F18ZとSEL50F14Z

防塵防滴使用で高い剛性の金属製のボディが、手にズッシリときます。

SEL55F18Zに比べると、倍以上重く、大きいです。

ミラーレス一眼になってボディが軽くなった分、こういった大口径レンズを気軽に持ち運べるようになりましたね(笑)

SEL50F14Z 作例

東京の猫寺、護国寺で撮影してきました。

ボディはα7RⅡです。

護国寺 猫 ごめん寝
SONY α7R Ⅱ , SEL50F14Z, 1/8000, F1.4, ISO 400, Photo by GAGAnuma

先ずは絞り開放F1.4で撮影。

開放で撮ると周辺がふんわりとした、やさしい描写になります。

ツチノコネコ。前後ともにボケが美しい。

それでいてこの解像度の高さ。惚れ惚れします。

強い光源がフレーミングに入っても、フレアやゴーストは出にくい。

こういった前ボケはうるさくなりがちですが、これは自然で好き。

大口径の明るいレンズは、こういった暗いシチュエーションで大活躍します。

湘南の海。コントラストが素敵です。

その場の空気感をしっかり映し出してくれます。

花筏のボケがキレイでしょ?

もみじ ボケ
SONY α7R Ⅲ , SEL50F14Z, 1/320, F1.4, ISO 100, Photo by GAGAnuma

ボケの分かりやすい一枚を追加で。

絞り開放の場合、周辺の口径食が目立ちます。

中央は11枚の円形絞りが効いてきれいな丸ボケです。

湯ノ湖 紅葉
SONY α7R Ⅲ , SEL50F14Z, 6, F16, ISO 50, Photo by GAGAnuma

F16まで絞った一枚を。奥日光湯ノ湖で撮影した一枚です。

ちなみにシャープネスのピークはF2.8~F8。

最大まで絞ると回折現象が気になりますが、隅から隅まで実にシャープです。

開放だと周辺光量はさすがに落ちます。

SEL55F18ZとSEL50F14Zの比較

田代島 猫 白黒
SONY α7R Ⅱ , SEL55F18Z, 1/800, F1.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

SEL55F18Zはこの価格以上に良く写るレンズです。

キツネ村 冬
SONY α7R Ⅱ , SEL55F18Z, 1/2000, F1.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

特筆すべきはシャープネスの高さ。

このキツネの解像度すごくないですか?拡大すると毛の一本一本きれいに解像しています。

田代島 猫
SONY α7R Ⅱ , SEL55F18Z, 1/1600, F1.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

欠点は寄れないことと、ボケが多少うるさいことですが、そんなこと気にならなくなるくらいのキレッキレの写りです。

初めての単焦点レンズが一本が欲しいという方にはコストパフォーマンスからSEL55F18Zをおすすめします。

実売価格7万前後でこの写りはずるい。

https://nanolog-si.com/55f18z/

まとめ

ねこ
ねこ
SEL50F14Zは大きくて重いのがデメリットですが、キレッキレの解像度と開放のふんわりとしたボケ感が唯一無二のレンズ

動物ポートレートしか作例挙げられませんでしたが、人物ポートレートにぴったりの描写です!

ご購入は下のリンクをクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です