SONY SEL1635GM FE 16-35mm F2.8 GM

1635GM パッケージ

コレは何?

αEマウントの大三元広角ズームレンズ(F2.8通し)

好きなところは?

・旅行&風景写真はコレで撮っとけば間違いない

・単焦点並の透明感のある写り

・35mmが普通に良い

・レンズフィルターが付けられる

好きじゃないところは?

・特になし

主な仕様

レンズ仕様
名称 FE 16-35 mm F2.8 GM
型名 SEL1635GM
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 16-35
焦点距離イメージ(mm) *1 24-52.5
レンズ構成 (群-枚) 13-16
画角 (APS-C) *1 83°-44°
画角 (35mm判) 107゚-63゚
開放絞り (F値) 2.8
最小絞り (F値) 22
絞り羽根 (枚) 11
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.28
最大撮影倍率 (倍) 0.19
フィルター径 (mm) 82
手ブレ補正 – (ボディ側対応)
テレコンバーター (1.4x) 非対応
テレコンバーター (2.0x) 非対応
フードタイプ 花形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 88.5 x 121.6
質量 約 (g) 680
付属品
フード (型名) ALC-SH149
レンズフロントキャップ ◯ALC-F82S
レンズリヤキャップ ◯ALC-R1EM
ケース ソフトキャリングケース
その他付属品

機能性

ブレードは11枚の円形。

ナノARコーティングによるゴーストフレア軽減、フッ素コーティングによる

レンズフード内側はホコリを吸着しやすいベロア素材になっており高級感があります。

操作性

GMのビルドクオリティですので、全てにおいて最高です。

F2.8通しのズームレンズとしては比較的コンパクトなボディ。

ズーミングは35mmで最短、16mmで最長となります。

スナップで多用する35mmが最短ズーミングであるというのが大きなポイントです。

携帯性

重量680g。

クロップすれば50mm付近の焦点距離までカバー出来るので、旅行にコレ一本という人も多いかと思います。

GMおなじみのソフトキャリングケースは使いやすくてお気に入りです。

SEL1635GM 作例

SONY α7R II , SEL1635GM, 1/2000, F2.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

シャッターを押す前にモニターで確認してみて、単焦点並みのクリアな写りでびっくり。

江ノ島水族館
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/60, F2.8, ISO 1250, Photo by GAGAnuma

江ノ島水族館。すれ違うαユーザーのレンズをちゃっかりチェックしているのですが、旅行中の1635GMは本当に多い。

江ノ島
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/400, F16, ISO 200, Photo by GAGAnuma

強い光源を入れた一枚。

フレアについては各所で散々言われていますが、やはり特定の条件で激しく出ます。ほんの少し角度を調整してあげれば、軽減出来ますが特にテレ側で出現しやすいです。

江ノ島水族館裏 海岸
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/80, F2.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

江ノ島夕暮れの海岸にて。階調表現も好みです

オクシモロン小町 和風キーマカレー
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/100, F2.8, ISO 200, Photo by GAGAnuma

被写体に寄って撮影できるので、テーブルフォトも。

みなとみらい 夜景
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 5, F16, ISO 400, Photo by GAGAnuma

横浜みなとみらいの夜景。絞るとキレイな光芒が出現します。

栗駒山 紅葉
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/80, F11, ISO 200, Photo by GAGAnuma

栗駒山の紅葉。登山なら迷わず1635GM。

湯ノ湖 冬の大三角形
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 20, F2.8, ISO 400, Photo by GAGAnuma

奥日光湯ノ湖にて。このレンズの得意とするところはやはり16mmでの星景撮影。

冬の大三角形を撮影してみましたが、24mmでは全体が収まらないためやはり16mmがベスト。

奥日光 竜頭の滝
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 0.6, F16, ISO 125, Photo by GAGAnuma

奥日光竜頭の滝。

鳴子峡 紅葉
SONY α7R Ⅲ , SEL1635GM, 1/50, F11, ISO 200, Photo by GAGAnuma

鳴子峡の紅葉。1635GMは全ての焦点距離で安定した写りです。

SONY α7R II , SEL1635GM, 1/100, F11, ISO 100, Photo by GAGAnuma

沖縄小浜島。超広角は自分には必要ないと思っていましたが、こういう広大な風景はついつい16mmで撮りたくなります。

16mmは開放から驚異的な解像度で、F8程度まで絞るとシャープネスがピーク。

SONY α7R II , SEL1635GM, 1/320, F8.0, ISO 100, Photo by GAGAnuma

竹富島西桟橋。沖縄の海に行くために1635GMを買いましたが、コレが大正解でした。

SEL1635GMとSEL24F14GM比較

言わずもがなズームと単焦点ですので、24mmの描写に関してはSEL24F14GMが優れているのは当然です。

岩手 小岩井一本桜
SONY α7R Ⅱ , SEL24F14GM, 1/640, F8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

SEL24F14GMはF1.4の明るさで広角レンズの割に美しくボケます。

猪苗代湖
SONY α7R Ⅱ , SEL24F14GM, 1/400, F1.4, ISO 100, Photo by GAGAnuma

階調の捉え方も一枚上手。

田代島 猫拳
SONY α7R Ⅱ , SEL24F14GM, 1/4000, F2.8, ISO 100, Photo by GAGAnuma

しかし24mmは風景写真で必ず使う無くてはならない画角であるものの、実際使ってみるとこれ一本で何から何まで撮るのは意外と難しいです。

一応クロップすれば準標準画角である35mmにはなりますが、可能であればクロップせずにRの高画素を活かしたいところ。

対してSEL1635GMは、F2.8と不満の少ない明るさでありながら、最も汎用性の高い35mmをテレ端に備え超広角の16mmまでをレンズ交換なしで扱える便利さがあります。

レンズを複数揃える際には、それぞれ使い分けることが前提ではありますが、それ一本で幅広いシチュエーションに対応出来るレンズというのは自ずと使用頻度が高くなります。

さらに描写の良さを兼ね揃えていればなおのこと。

SEL1635GMをすでに持っていて、明るさに不満があればSEL24F14GMを追加する、という買い方が個人的にはおすすめです。

https://nanolog-si.com/24f14gm/

SEL1635GMとSEL2470GMの比較

24-35mmの焦点距離では僅かながら2470GMの描写の方が好ましい印象です。

この点はこれから、作例を撮りためて後ほどアップしたいと思います。

まとめ

竹富島 コンドイビーチ
SONY α7R Ⅱ , SEL1635GM, 1/3200, F2.8, ISO Ⅰ00, Photo by GAGAnuma

付けっぱなしレンズとして常用出来る広角ズームでありながら、開放からズバ抜けた解像度とボケ感を両立させた1635GMはαユーザー必携の1本です。

やっぱりGMのズームレンズはハズレなし。

購入は下のリンクをクリック!

他Eマウントレンズ レビュー

https://nanolog-si.com/55f18z/

https://nanolog-si.com/sel50f14z/

https://nanolog-si.com/sel1635gm/

https://nanolog-si.com/24f14gm/

https://nanolog-si.com/24105g/

https://nanolog-si.com/sel2470gm/

https://nanolog-si.com/135gm/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です