JetpackのTwitter連携が出来ないときに絶対解決出来るマン【500エラー】

2019年5月17日

はじめに

WordPressのプラグインJetpackを使って、記事の公開時、Twitterに自動投稿するパブリサイズ共有設定をする。

こんな簡単な設定のために、私は1日を無駄にしましたorz

ネットにある様々な方法を試してみても、500エラーの連続

どうやら内部エラーのようなのですが、不慣れなWordpressのため全然分からず

試行錯誤していたら、偶然連携出来たので他のサイトでも試してみて解決方法が判明。

同じように困っている方の力になれれば…と思い、その方法を紹介してみます。

私の環境

ドメイン お名前ドットコム

サーバー Xserver

WordPressテーマ ルクセリタス

同じような環境の方は絶対に解決出来ます。

解決方法 Xserverの設定確認

まずはXserverの設定を確認。

色々変えて試してみましたが、Xserverの設定は関係有りませんでした。

一応参考までに私の設定を載せておきます。

Xserverにログインし、インフォパネルを開きます。

まずはWordpress簡単セキュリティ設定の項目を開きます。

XML-RPC APIアクセス制限やREST APIアクセス制限等は全てONのままで問題ありません。

WAF設定も全てONで問題ないです。

PHPのバージョンは推奨設定の7.2.6

次にWordpressの設定を確認します。

解決方法 Wordpressのテーマとプラグイン

サイトURLはhttps://で全て設定しています。

現在使用中のテーマはルクセリタス。

Jetpackインストール後競合するOGP機能はOFF。

どうやら色々試してみた結果、ルクセリタスのAMP設定が悪さをしていたようです。

WordPressダッシュボードからLuxeritas(カスタマイズ)→AMPを選択し、AMP有効化のチェックを外します。

しかし、これだけでは解決せず。

今度はプラグインを確認してみます。

現在インストール中のプラグインはこちら。

IP Geo Blockなどのセキュリティ系プラグインが悪さをしている可能性が濃厚です。

とりあえずJetpack以外全てのプラグインを一括停止します。

この状態で再度JetpackのTwitter連携にトライ。

おっしゃああああ!成功しました!

 

その他

上記でも解決出来ない方は合わせて

・PHPのバージョン確認と変更

・サイトURLをhttps→httpへ一時変更

・AMP機能の停止

・サーバーのXML設定のOFF

などを試してみて下さい。必ず解決出来ます。

 

まとめ

上記の解決方法を1日かけて見つけました…

サイトやブログ運営は、記事を書くだけでなく、サイトのカスタマイズもしないといけないので幾ら時間があっても足りない…

この解決方法が、同志のみなさんの参考になればめっちゃ嬉しいです!

それでは