【うさぎ島】大久野島へのアクセスと楽しみ方【被災後】

2019年5月22日

はじめに

はいさーい、GAGAぬまです。

今日は広島にある、うさぎ島に行ってきました。

実はこのうさぎ島、海外からも観光客が絶えない超有名観光スポット。

私は今回で2回目の訪問となります。何度来ても楽しめる、おすすめスポットです。

それではさっそくご紹介したいと思います。

うさぎ島とは

広島県竹原市にある、うさぎが多数生息する離島です。

はじまりは、小学校で飼われていた原初の8羽。

彼らが、放され繁殖し、現在ではなんと700羽以上。

現在も繁殖し続けているといううさぎの楽園です。

うさぎ島へのアクセス

うさぎ島への玄関口は忠海港。

ここからフェリーで大久野島まで行きます。

JR三原駅から忠海駅まで約20分

JR忠海駅から徒歩5分

忠海港からフェリーで12分

フェリーの時刻表 時刻表 | 大三島フェリー株式会社

本数は多いですが、結構混むので確実に乗りたい方が桟橋に並んでおいた方が良いです。

大久野島桟橋から休暇村までは無料送迎バスが出ていますので安心。

 

※土日限定で三原駅から大久野島へのラビットラインが出港しています。

Web予約が出来るそうなので、確実に乗りたい方はこちらから

habushosen.jp

※被災後はJR呉線一部運休中ですので注意!

最新の情報はこちらから

www.city.kure.lg.jp

被災後の影響

※生きてます。

以前は普通に通れた道が通行禁止になっていたりしますが、うさぎは元気でした。

ただ、物資が少なくなっていたりしてお腹を空かしていると思うので、ラビットフードや水を持っていってあげましょう。

休暇村への宿泊がおすすめ

うさぎは夜行性なので、朝と夜の方がワラワラ巣穴から出てきます。

日帰り客も朝夜は居ないので、うさぎ島を満喫したい人は宿泊がベスト。

島内にはキャンプ場がありますので、そちらへの宿泊も良いですね。

おすすめの季節

春と秋は子ウサギの季節。

こんなに小さい子ウサギと遭遇する確率が高まります。

夏は紫陽花と海水浴が楽しめます。

f:id:eucalyptus_gunnii:20180503113850j:plain

冬はまだ行っていませんが、ウサギたちは寒い中でも元気にやっているようです。

おすすめの装備

動物村のラビットフードは、島のうさぎに大人気。

4.5kgあれば一泊二日十分楽しめるかと思います。

ジップロックに詰め替えて持っていくと便利です。

また、軍手があると安心です。

うさんちゅTシャツを来ていたプロは餌皿も持参していました。

おすすめの攻略方法

効率よく周りたいなら、休暇村で自転車を借りて島内一周がおすすめ。

徒歩でも余裕で島内一周できる広さなので、ゆっくり楽しみたい方は徒歩もいいですね。

どちらも試してみましたが、正直どっちもおすすめです。

時計回りでも反時計周りでもどっちでも変わりません。

震災前は島内の中心部もいろいろな場所にアクセス出来ましたが、現在は通行禁止の場所が多いです。

うさぎは天敵のカラスがいない木陰や、人通りが多い休暇村周辺に多いです。

餌を上げるときも、カラスに狙われないよう木陰で与えましょう。

子ウサギ攻略方法

どうせ狙うなら小さくてかわいい子ウサギ。

そんな子ウサギ攻略法を伝授。

 

・早朝もしくは夜に休暇村周辺の巣穴を散策

やはりカラスが寄りつきにくい人通りの多い巣穴に子ウサギが多いです。巣穴は頻繁に変えないので、出待ちしていると遭遇する確率が増えます。

・春と秋を狙う

繁殖の季節になると子ウサギとの遭遇率がグンと上がります。子ウサギ狙いなら春秋です。

・中望遠レンズ

子ウサギは警戒心がものすごく強いので、餌で惹きつけておくにも限界があります。ズームレンズや中望遠レンズがあると程よい距離感で撮影出来ると思います。

行ってみた

大久野島桟橋に到着。

スーツケースを持ってきていたので、無料のシャトルバスで休暇村ホテルまで向かいチェックインを済ませます。

前回の訪問時は自転車を借りましたが、今回は徒歩で島内を一周することに。

ゆっくり歩きながら、近寄ってきたうさぎに餌付けします。

たまーに、こんな小さい子ウサギに出会えます。

警戒心が強いので、ゆっくり近づきましょう。

色々な種類のうさぎがいるので、全部探してみて下さい。

休暇村内には、食堂とおみやげさんがあります。
お土産にウサベジはどうでしょう。
ごはんはバイキング形式です。新鮮なお刺身が楽しめます。

まとめ

うさぎ島は何度行っても楽しめるおすすめスポットです。

開放的な離島で海と空を楽しみながら、うさぎと戯れられる楽園。

皆さんも是非行ってみてください。

宮城にはキツネ村と猫島がありますよ。こちらもおすすめ。

www.nanolog-si.com

www.nanolog-si.com