【断捨離TV】真のミニマリストならテレビ要らない説【検証】

2019年7月7日

はじめに

はいさーい、GAGAぬまです。

突然ですが、皆さんテレビ見てますか?私はほとんど見ません。

どのくらい見てないかというと、10年以上まともにテレビ見てません。

じゃあ何でテレビを持っていたかと言うと、FireStickTVを接続してアマプラ見たり、Youtube見たりしてました。

要はモニター用途で使っていた訳です。

昨今、ニュースなんかはネットで十分ですし、正直バラエティやドラマもビデオオンデマンドで楽しめるのでテレビなんて持っている必要無いんじゃないか?とずーっと思っていました。

 

そこで今回、本当にテレビは必要なのか検証してみました。

題して、「真のミニマリストならテレビ要らない説」

 

テレビ持たない生活 前日

夕食を食べながら、AmazonプライムビデオやYoutubeで適当な動画を垂れ流し。

忙しく時間の少ない現代社会において、一度に2つのことを同時並行で行うのは行儀が悪いと分かっていても、ついついやってしまう。

 

テレビ持たない生活 初日

早朝にテレビ撤去。

テレビテレビ書いてたら軽くゲシュタルト崩壊してきました。

テレビを撤去して、閑散としたテレビボードの上。ミニマリストならこの光景にある種の高揚感を覚えるはず。

スッキリ。

ニュースは必要があればネットニュースで情報収集。といっても、そんなに必要な情報も無いですが。

株やり始めてから、ニュースの優位性を感じなくなってきたので、本当必要最低限の情報だけで良いです。

 

テレビ持たない生活 一週間後

テレビ持たない生活を始めて、夕食のときは嫁と話しながらご飯食べて、終わってから映画観るようになりました。

ここでGAGAぬま、悟りを開く。

「マルチタスク、良くない」

要は、ながら食べ、ながら見は、思っている以上に非効率的だということ。

マルチタスクで飯食べると、味良く覚えていないし、映画の内容も良く覚えていない、と振り返ってみるとそれぞれの満足度が激減していることが発覚。

飯食うときは飯を食う。

映画観るときは映画観る。

小さい頃親に叱られたことあるけど、この歳になってようやく自分でその真理に到達出来た気がするよ、母さん。

 

あと、暇さえあればBGM感覚で映画流してるの、あれも良くなかったな、と思います。

というかFireTVStickが悪い。電源付ければ即映画観れるとか中毒まっしぐらですからね。

本当にやりたいことの作業効率が落ちるし、だらだら時間を無駄にするし、断捨離して良かったと思います。

今はプライム・ビデオ見ようとしたらPC起動して、ログインして、ブラウザ開いて、アマゾンログインして、プライム・ビデオ開いて…と大分時間がかかる分、「今は映画を観る時間」とメリハリつけた生活が出来るようになりました。えらい。

テレビ持たない生活 一ヶ月後

あっけないですが、テレビ無くても普通に生活出来てます。

どうしても見たいドラマやバラエティというのも特に無いのですが、観たいときはAmazonプライムビデオやNetflix、ネットの見逃し配信を使えば大体網羅出来ます。

 

一応、ここでテレビ持たない生活の弊害について触れときます。

まあ、10年以上テレビまともに見てないので今更ですが、今話題の芸人さんやCM等々は全然わかりません。

思い出せるCMといえば、ぽぽぽぽーんのACのCM位です。

職場の人と話していても、話についていけないことがありますが、その場でスマホで調べて興味がある姿勢は見せます。

それで大体その場は切り抜けられますが、TT兄弟の話をされたときはマジで何言ってんのか意味不明でした。

でもチョコプラ知らなくても、まあまあ楽しく生きられます。

流行に敏感な女性は、芸能ネットニュースを読めば普通に詳しくなれる話ですので弊害っていうほどでは無いですね。

あと、思いつくのはゲーム。ダクソ3移行PS4は売りましたが、ゲームするなら大画面のテレビがあるといいでしょうね。

 

検証結果

テレビなんて要らんかった。

なんとなくテレビを付けているのは時間の無駄。

本当にやりたいことがあるなら、断捨離して大切なことに集中しましょう。