【GreenFan Japan】バルミューダの高級扇風機は値段なりの価値があるのか?【レビュー】

はじめに

はいさーい、GAGAぬまです。

今回は話題の扇風機「GreenFan Japan」のレビューをしたいと思います!

The GreenFanは、独自の二重構造の羽根によって自然界の風と同じ、大きな面で移動する空気の流れを作り出すことで、高級扇風機の代名詞となったプロダクトです。

最強の扇風機と名高いGreenFanですが、実際の使用感はどうなのでしょうか?

1年使用したレビューをご紹介したいと思います!

 

GrennFan Japan EGF-1550のスペック

本体寸法 幅 330mm × 奥行き 320mm × 高さ 871mm(フロア)/ 497mm(卓上)
本体重量 本体 : 約4.1kg
電源 AC100V 50Hz/60Hz
電源コード長さ 1.8m(ACアダプター コード長)
保証期間 お買い上げ日から2年間
パッケージ内容 本体、取扱説明書(保証書付)、マルチプラグアダプター、リモコン
カラー ホワイト×ブラック(型番 : EGF-1550-WK、JANコード : 4560330116711)
ホワイト×グレー(型番 : EGF-1550-WG、JANコード : 4560330116728)
ホワイト×シャンパンゴールド(型番 : EGF-1550-WC、JANコード : 4560330116735)
生産地 日本

消費電力測定器で測ってみると、3ヶ月で25円程度とスペック通り。

高さは二段階に調整出来ます。

オプションのバッテリーチャージャー&ドックを買うことで、コードレス扇風機として使うことも出来ます。

電源なしで最大20時間の運転が可能です。

持続時間の目安 風量1:20時間、風量2:17時間、風量3:6.5時間(※コードレス運転時は風量3まで選択可能)

コードレス扇風機はめちゃくちゃ便利なので、一緒に買ってしまうのがおすすめです。

 

EGF-1500、EGF-1550 リコール問題

GrennFan Japan EGF-1500、EGF-1550では、首が折れる不具合が見つかり、リコール対象となっています。

交換についてはこちら。

我が家のEGF-1550は折れる気配が無かったのですが、心配だったので無償部品交換プログラムに申し込みました。

WEBフォーム(または電話)から申し込みを行うと、宅配業者がモーター部分を回収に来てくれます。

対応は早く、数日以内に交換品が家に届きました。

現在発売中のEGF-1600ではそのような不具合は改良されており、安心してお使いいただけるそうです。

 

使ってみた

夏の午後を吹き抜けるそよ風

今までの扇風機の風は、当たり続けるとだるさや疲れを感じて身体に悪い感じがしました。

GrennFanの風は、自然界の風に近く、扇風機が苦手な私でも、一晩中使い続けていられるほど快適。

独自の2重構造のファンによって出てくる風は、ふんわりと優しく広がっていくような風で、しっかり遠くまで届きます。

ほかの扇風機では決して体験出来ない、木陰で涼んでいるような気持ちの良い風。

肌を冷やしすぎず、身体に優しい扇風機ですね。

 

蝶二羽の羽ばたきと同じ静音性

低速であれば音は全く気にならず、首振り音も驚くほど静か。

首振り速度は風量に依らず一定。

風量1の音はたった13dbしかなく、蝶二羽の羽ばたきと同じ静音性とのこと。

今まで使用した扇風機に比べて圧倒的に静かで、夏のお昼寝に最適です。

それにしても蝶二羽の羽ばたきと一緒とか、オサレな表現。流石バルミューダ。

 

スタイリッシュなデザインと操作性の両立

とにかくシンプルでインテリアを選ばないデザインの扇風機を探していたので、白とグレーのボディがどストライクでした。

台座にはボタンや文字は一切なく、風の強さやタイマーの動作は4×2列のLEDライトで表示されます。

リモコンとモーター上部には「電源」「風量(微・弱・中・強)」「首振り」「タイマー(1・2・3・4時間)」の4つのボタンしかないので設定も簡単で非常に使いやすいです。

首振りは自由に角度を設定出来るのが、本当に便利。

もったいなくてフィルムを剥がしていない貧乏人。

ACアダプターやリモコンの意匠も、本体に合わせてスタイリッシュ。

今出ているデザイン系扇風機の中では断トツにカッコいいです。

 

まとめ

今までの扇風機とは一線を画する、自然界のそよ風を再現したパーフェクトな扇風機。

お値段は少し高めですが、それに見合った価値と満足感を感じさせてくれるプロダクトでした。

今年の夏のオトモに如何ですか?

 

現在の最新型EGF-1600はこちらから!