【仙台駅からのアクセス】もふみを求めて〜宮城蔵王キツネ村に行ってきた【行き方】

2019年5月22日

宮城蔵王キツネ村とは?

蔵王の大自然に100匹近いキツネが放し飼いにされている、世界的にも類稀なるキツネスポット。海外から、わざわざキツネ村を訪れに、寂れた白石まで来てくださいます。

キツネの種類は、キタキツネ、銀ギツネ、ホッキョクギツネにプラチナギツネ、十字ギツネなんてのもおります。

他には場内に、ヤギやうさぎ、馬なども暮らしています。

〒989-0733

宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3

TEL:0224-24-8812

FAX:0224-24-8464

営業時間:9:00〜17:00(冬季は16:00まで)

入場料:中学生以上1000円

その他:キツネのおやつ100円

無料駐車場あり

蔵王キツネ村までのアクセス

①公共交通機関(電車+バス片道200円)

②薬師の湯に泊まる:このブログが参考になります→キツネ写真館

③白石駅からタクシー:片道約4000円

④白石駅からレンタカー:6000-7000円/1日

今回は最も安価で済む①公共交通機関を駆使して、仙台駅から蔵王キツネ村まで向かいます。

注意点としては、平日の火曜・金曜日、1日1往復しかバスが出ていません。(2018年12月現在)

行き

電車 仙台駅→白石駅 6:26発→7:14着 バスまで時間があるのでファミマに避難

バス 白石駅→蔵王キツネ村 07:58発→8:43着

きゃするくん「福岡線/弥次郎こけし村・三住・不忘行き」

乗り場は駅から出て左側ファミリーマート近くのバス停です。

FOX VILLAGEとバスに書いてあります。

帰り

バス 蔵王キツネ村→白石駅 14:20発→15:24着

乗り場は行きで降りた場所です。キツネ村のバス停が立っています。

電車 白石駅→仙台駅 15:36発→16:43着

お気づきの方がいらっしゃると思いますが、バスの本数が少ないのでキツネ村で5時間過ごすことになります。食堂ではカップラーメンしか売っていないので、5時間過ごす覚悟のある方は軽食を持っていった方が良いと思います。

私は連れと行ったときは、帰りは流石にタクシーで帰りました。

コミュ力高い人は相乗り交渉すれば安値で済みます。

一人で行くときは5時間写真撮ってます。

キツネ村での所要時間

2時間もあれば、相当ゆっくり楽しめると思います。

私は5時間ですので、まあ、お察しの通りです。

キツネ村 オススメの季節

春夏は小ギツネ、秋冬はモッフモフ、と通年見頃です。

個人的には、紅葉と雪とキツネを楽しめる秋冬がおすすめです。

キツネ村の注意点

入場時にアナウンスされますが、キツネの檻に人間が入るイメージだそうです。

特に女性が噛まれやすいそうで、男性からは自然に逃げて行く模様。

キツネ同士の喧嘩は日常茶飯事で、よくおばちゃんに仲裁されてます。

注意点をしっかり公式サイトで予習していきましょう。

写真

総評

もふみが深い。

 

宮城には猫島もありますよ

広島にはうさぎ島があります