ミニマリストおすすめの愛用調理器具

2019年5月17日

はじめに

考えなしに買っていくと際限なく増えていく調理器具。

私はミニマリストなので、上質なものを長く使いたいと考えてものを選ぶことが多いです。

調理器具に関しても同じで、最低限の構成で、永く愛用できるものを選びました。

※今回ご紹介するサイズは大体3−4人前程度で考えています。

鉄の中華鍋

揚げ物、炒め物、蒸し物などなど汎用性の高さが魅力的。

底が深いためこぼすことなく調理しやすいです。

山田工業所の鉄パンは打ち出しで軽いので30cmくらいの大きさでもラクラク。

値段もかなり安いです。

横浜の中華街で売っていましたが、Amazonさんでも安く購入出来ます。

鉄のフライパンは錆びても磨けば元通り。

半永久的に使えるミニマリストにおすすめの調理器具です。

その他おすすめ リバーライトの炒め鍋

リバーライトの炒め鍋はお手入れのしやすさが魅力。

特殊熱加工した鉄は錆びにくく、傷にも強い。

鋳鉄製で、大分重いので28cmが丁度いいかもしれません。

リバーライトの炒め鍋は底が平たいので、平たい鉄パンの要素も兼ね備えるベストチョイス。

ストウブの鍋

良い鍋は美味しくご飯が炊ける鍋。

ストウブで炊くご飯は最高に美味いです。

もう炊飯器なんていりません。

何でも作れる鋳物+ホーローは最強の組み合わせ。

ココットラウンドは24cmで一度に4人前位は作れるので便利です。

片手鍋

ストウブで煮物を作ってしまうと、同時調理で汁物に困るときがある。

1人の時にちょっとした料理を作るのにストウブは大き過ぎる…。

そういうときに片手鍋があると非常に便利。

ジオの片手鍋は熱伝導率の高いアルミをステンレスで挟んだ多層構造。

まさにアルミとステンレスのいいとこ取りである。

20cmは1人暮らしにも、ちょっとした副菜づくりにも便利。

Turkのフライパン

中華鍋だとステーキやパンケーキが作れない!

そんな時にあると便利なのが底が平たいフライパン。

中でもじっくり熱を伝えてくれる底の厚いフライパンが焼き物にベスト!

turkのフライパンはドイツのAmazonから個人輸入するか並行輸入がお得。

私の経験的にフライパンは

一人暮らしなら24cm

二人暮らしなら26cm

三人暮らしなら28cmがベスト